ケアマネ試験の当日に力を出しきるためには?


三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法の対策は、頭の良し悪しや年齢に関係なく記憶が定着し、試験当日に余裕をもって臨め、力を出しきれるようになります。

keamane137
 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

基本的には試験と呼ばれるものは緊張するものですね。
ケアマネ試験を今回初めて受ける人の中には、試験から遠ざかっていた方もいるでしょう。
そういう方は高校や大学の試験のことを思い出してみて下さい。
殆どの人が、試験会場の雰囲気にドキドキして戸惑った経験があるはずです。
この試験時の独特の緊張感というのは年齢に関係なくいくつになっても感じるものですね。
ケアマネ試験の当日に無駄なことで気を揉んだりしない為にも、出来るだけ早めに事前準備をしておいくことをお勧めします。
そして、何よりも忘れてならいのが、試験実施日の1週間~2週間前に届く受験票です。
日筆記用具などと違って、コンビニなどで買ってすますことが出来ません。
次に筆記用具です。これはシャーペンではなく鉛筆を必ず用意しましょう。
何故なら、ケマネ試験は、50問マークシートによる五肢複択方式だからです。
マークする際には鉛筆のほうが圧倒的に早く塗りつぶすことが出来るので、私もですが、手先が器用でない人は、マークする時間を少なくするためにも絶対に鉛筆を使ったほうが良いです。
また、移動中に鉛筆の芯が折れたりしないようにキャップ等も準備すべきです。
その他に消しゴムは、解答用紙が汚れたりしない品質の良いものを持参してください。試験中に落としたりすることもないといえないので、2個は準備しておきたいですね。
それから時計も忘れてはいけませんよ。ケアマネ試験に限ったことではありませんが、試験は時間との戦いでもあります。
残りの時間が正確に把握できるものを用意しておきましょう。
ちなみに、私の場合は2日前には準備を終えるようにしています。
時間的な余裕があれば、手元にないものは買いに行くことができ、チェツクを2回くらい行うことも出来ます。
また、準備を早めに行うことで緊張が和らいだり、心が落ち着く効果もあります。
そして、直前期は新しい問題を解くんじゃなくて、今までしてきた問題集を徹底的に復習してうるおぼえのところは覚えるようにしましよう。
苦手なところは試験が終わるまで覚えておけばいいですからね。
ここまで書いてきたことは大人の方にわざわざ申し上げることではないかもしれませんが、こうした事前準備を抜かりなくする方が、当日に焦ることなく結局は確実に合格していくものです。