ケアマネ試験の過去問選びは解説がわかりやすいものを!

三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法は,、どの過去問が自分にあっている
かなど、問題集選びで悩まないですみ、効率よく学習がすすめられます。

keamane135

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネジャー試験のための学習は、どこから勉強を始めればいいのか?最初のスタート地点が掴みにくいということがあります。
参考書を読むにしてもそれなりの知識がないと、なかなか読みずらいですからね。

 
過去問を選ぶ際には、解説がわかりやすく、尚且つ適切なボリュームで書かれてあるものを選ぶことがポイントです。
過去問題集によって解説の仕方というのは随分違います。

 
試験に向けた学習を行う上で最も変更されやすい内容が法制度ですが、特に法律を始めて学ぶ人にとっては親しみやすい口語調の文章を用いてるものもあれば、条文表現をほぼそのまま取り入れた堅い文章を用いているものもあります。

 
解答の根拠を端的に示しているだけのものもあれば、解答に至る筋道を論理的に説明しているものもあります。
この点については、どちらが良いのかは一概には言えません。

 
自分にとってわかりやすいと感じるかはどうかは、普段慣れ親しんでいる文章の表現になどによって違ってきます。
また、掲載されている量や解説のボリュームも大事です。

 
例えば、社会保障制度や介護保険制度創設以前の制度の問題点などは、それほど頻繁に出されるわけはなく、仮に出題されても1問程度なので、時間をかけて学習することは望ましくありません。

 
テキストを使用せず、要点を絞った過去問題で出題された内容だけを学習しておけば、試験対策として十分でしょう。
インプットする量を増やすということは、覚えた知識の精度を下げる可能性も高くなります。

 
ですので、古い問題を多く掲載しているものは、あまりおおすすめしません。
どの資格試験でも、一般的には、試験年度が新しい問題ほど試験対策上の重要度が高いためです。

 
解説のボリュームに関しては、一般的に詳しく解説されているものが良いように思われますが、必ずしもそうとは言えません。
人によっては少ない解説でも十分理解できる人は、少ない解説の過去問を利用するほうが、学習する効率がいいですからね。

 
自分が理解すのに適切な量の解説がしてくれてある過去問を探してください。
ただ、解説にあまり多くの発展論点が記されてあるのは避けた方がいいです。
そうしたものを選ぶと、覚えることが多くなり、過去問自体を身につけることの妨げになってしまいます。

 
いずれにしても、既に多くの人が使って合格に結ぶついている過去問題集が大方の人にとって間違いが少ないかと思います。

ケアマネ試験は模擬試験を受けたほうがいいのか?

三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法は、おすすめの1冊の問題集をしっかり取り組むことで、模擬試験はもちろん、本番での問題の正解率を格段に上げることが出来ます。

keamane134

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネ試験も出来れば模擬試験を受けたほうが良いですね。
何故なら、試験問題を時間内に終わらせるという訓練になるからです。

 
資格試験ではいくら勉強しても、時間内に終わらせなければ意味がありません。
但し、結果に一一喜一憂して気持ちのコントロールが出来なくなって、本番の試験で実力が出せなければ本末転倒です。
何より、資格試験での模擬試験は本試験より難しく作られているのが一般的です。

 
これは、模擬試験で出来が良くても、本試験で不合格になってしまう人が多くなってはクレームがくるということを避けるためでもあるみたいですよ。
「本番もこれくらい難しいから、しっかり勉強しろ」いという意味合いを込めて、作られていると聞いたことがあります。

 
また、採点も素人のアルバイトがやっていることもあるので、その評価は全くあてになりません。
模擬試験は、試験場の雰囲気に慣れておくとか、時間内に終わらせるための訓練ぐらいのスタンスで受けるのがちょうどいいです。

 
そして、問題集はあれやこれやと買い込まないないことが大切です。
何故なら、たくさんの問題集にあたるよりも、1冊を繰り返してやるほうが効果的だからです。
あれもこれもと手を出してしまうと、結局、それぞれにとりかかれる時間が少なくなり、どれも中途半端にしか覚えられません。

 
もし模擬試験で、出来が散々だったなら、尚更、問題集を一冊に絞ったほうが覚えた知識の記憶も定着しやすくなり、正解率もグンと上がってくる筈です。
ケアマネ試験を含め、資格試験の勉強では出来るだけ使う問題集を絞ることが合格するうえで大切です。