ケアマネらくらく合格勉強法

ケアマネ試験の当日に力を出しきるためには?

三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法の対策は、頭の良し悪しや年齢に関係なく記憶が定着し、試験当日に余裕をもって臨め、力を出しきれるようになります。

keamane137
 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

基本的には試験と呼ばれるものは緊張するものですね。
ケアマネ試験を今回初めて受ける人の中には、試験から遠ざかっていた方もいるでしょう。
そういう方は高校や大学の試験のことを思い出してみて下さい。
殆どの人が、試験会場の雰囲気にドキドキして戸惑った経験があるはずです。
この試験時の独特の緊張感というのは年齢に関係なくいくつになっても感じるものですね。
ケアマネ試験の当日に無駄なことで気を揉んだりしない為にも、出来るだけ早めに事前準備をしておいくことをお勧めします。
そして、何よりも忘れてならいのが、試験実施日の1週間~2週間前に届く受験票です。
日筆記用具などと違って、コンビニなどで買ってすますことが出来ません。
次に筆記用具です。これはシャーペンではなく鉛筆を必ず用意しましょう。
何故なら、ケマネ試験は、50問マークシートによる五肢複択方式だからです。
マークする際には鉛筆のほうが圧倒的に早く塗りつぶすことが出来るので、私もですが、手先が器用でない人は、マークする時間を少なくするためにも絶対に鉛筆を使ったほうが良いです。
また、移動中に鉛筆の芯が折れたりしないようにキャップ等も準備すべきです。
その他に消しゴムは、解答用紙が汚れたりしない品質の良いものを持参してください。試験中に落としたりすることもないといえないので、2個は準備しておきたいですね。
それから時計も忘れてはいけませんよ。ケアマネ試験に限ったことではありませんが、試験は時間との戦いでもあります。
残りの時間が正確に把握できるものを用意しておきましょう。
ちなみに、私の場合は2日前には準備を終えるようにしています。
時間的な余裕があれば、手元にないものは買いに行くことができ、チェツクを2回くらい行うことも出来ます。
また、準備を早めに行うことで緊張が和らいだり、心が落ち着く効果もあります。
そして、直前期は新しい問題を解くんじゃなくて、今までしてきた問題集を徹底的に復習してうるおぼえのところは覚えるようにしましよう。
苦手なところは試験が終わるまで覚えておけばいいですからね。
ここまで書いてきたことは大人の方にわざわざ申し上げることではないかもしれませんが、こうした事前準備を抜かりなくする方が、当日に焦ることなく結局は確実に合格していくものです。

ケケアマネ試験の勉強方法は効率よくやることにつきます!

三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法の対策では、付録のCDを使えば、毎日の通勤の車などでいつでも聞け、場所を選ばずに効率よく学習することが出来ます。

keamane136

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネージャー試験で短期間で合格するためには、とにかく勉強をストップさせないことが大事。
家事をしたりと働きながら資格を取るための学習をしなければいけないという人が殆どですから、いつでもどこでも勉強が出来る態勢を整えることが対策するうえでのポイントです。

 
何よりケアマネージャー試験の項目は、内容量が多いことから、要点を絞って効率的な学習方法を行わないと、膨大な時間を費やしてしまうので、この点に配慮した学習をすることにつきます。
その際はなるべく睡眠時間を割くことは避け、その他の時間で空き時間や無駄になっている時間をいかに探すかが大切です。

 
その為には、勉強が出来る道具を常に準備しておくことです。
今はCDなど耳からインプット出来ますから、こうした道具を使わない手はありません。

 
例えば、どう見ても仕事で空き時間がないような日でも、待ち合わせの時間に相手が10分遅れてくるなど、突然、空き時間も出来ることもありますからね。
そんな時に勉強に必要な勉強道具を持ち合わせていれば、こうした空き時間を有効に活用できます。

 
ただ、その際に気をつけたいのが、とにかく身軽であること。
勉強するのにあれもこれも持ちすぎないで、最低限にするようにしましょう。

 
また、いつでもどこでも勉強の態勢を整えるという点で、もうひとつ大事なことがあります。
それはどんな環境でも勉強出来る図太さを持っことです。
たまに静かなところでないと勉強出来ないという人がいますが、このようなタイプの人は根本的に勉強に向いていないように思います。

 
多少の音が気にならないくらいの気持ちがなければ、いつでもどこで場所を選ばずに行うことは出来ません。
私の場合、静かな雰囲気の図書館より、多少さわがしいコーヒーショップなどのほうが勉強がはかどります。

 
したがって、常に最低限の勉強道具を携帯して、回りから多少の音が聞こえようとも気にしない図太い神経を持って、空いた時間を徹底的に有効活用して、短期間でケマネ試験の合格を目指していきましょう。

ケアマネ試験の過去問選びは解説がわかりやすいものを!

三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法は,、どの過去問が自分にあっている
かなど、問題集選びで悩まないですみ、効率よく学習がすすめられます。

keamane135

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネジャー試験のための学習は、どこから勉強を始めればいいのか?最初のスタート地点が掴みにくいということがあります。
参考書を読むにしてもそれなりの知識がないと、なかなか読みずらいですからね。

 
過去問を選ぶ際には、解説がわかりやすく、尚且つ適切なボリュームで書かれてあるものを選ぶことがポイントです。
過去問題集によって解説の仕方というのは随分違います。

 
試験に向けた学習を行う上で最も変更されやすい内容が法制度ですが、特に法律を始めて学ぶ人にとっては親しみやすい口語調の文章を用いてるものもあれば、条文表現をほぼそのまま取り入れた堅い文章を用いているものもあります。

 
解答の根拠を端的に示しているだけのものもあれば、解答に至る筋道を論理的に説明しているものもあります。
この点については、どちらが良いのかは一概には言えません。

 
自分にとってわかりやすいと感じるかはどうかは、普段慣れ親しんでいる文章の表現になどによって違ってきます。
また、掲載されている量や解説のボリュームも大事です。

 
例えば、社会保障制度や介護保険制度創設以前の制度の問題点などは、それほど頻繁に出されるわけはなく、仮に出題されても1問程度なので、時間をかけて学習することは望ましくありません。

 
テキストを使用せず、要点を絞った過去問題で出題された内容だけを学習しておけば、試験対策として十分でしょう。
インプットする量を増やすということは、覚えた知識の精度を下げる可能性も高くなります。

 
ですので、古い問題を多く掲載しているものは、あまりおおすすめしません。
どの資格試験でも、一般的には、試験年度が新しい問題ほど試験対策上の重要度が高いためです。

 
解説のボリュームに関しては、一般的に詳しく解説されているものが良いように思われますが、必ずしもそうとは言えません。
人によっては少ない解説でも十分理解できる人は、少ない解説の過去問を利用するほうが、学習する効率がいいですからね。

 
自分が理解すのに適切な量の解説がしてくれてある過去問を探してください。
ただ、解説にあまり多くの発展論点が記されてあるのは避けた方がいいです。
そうしたものを選ぶと、覚えることが多くなり、過去問自体を身につけることの妨げになってしまいます。

 
いずれにしても、既に多くの人が使って合格に結ぶついている過去問題集が大方の人にとって間違いが少ないかと思います。

ケアマネ試験は模擬試験を受けたほうがいいのか?

三島茂人さんのケアマネらくらく合格勉強法は、おすすめの1冊の問題集をしっかり取り組むことで、模擬試験はもちろん、本番での問題の正解率を格段に上げることが出来ます。

keamane134

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネ試験も出来れば模擬試験を受けたほうが良いですね。
何故なら、試験問題を時間内に終わらせるという訓練になるからです。

 
資格試験ではいくら勉強しても、時間内に終わらせなければ意味がありません。
但し、結果に一一喜一憂して気持ちのコントロールが出来なくなって、本番の試験で実力が出せなければ本末転倒です。
何より、資格試験での模擬試験は本試験より難しく作られているのが一般的です。

 
これは、模擬試験で出来が良くても、本試験で不合格になってしまう人が多くなってはクレームがくるということを避けるためでもあるみたいですよ。
「本番もこれくらい難しいから、しっかり勉強しろ」いという意味合いを込めて、作られていると聞いたことがあります。

 
また、採点も素人のアルバイトがやっていることもあるので、その評価は全くあてになりません。
模擬試験は、試験場の雰囲気に慣れておくとか、時間内に終わらせるための訓練ぐらいのスタンスで受けるのがちょうどいいです。

 
そして、問題集はあれやこれやと買い込まないないことが大切です。
何故なら、たくさんの問題集にあたるよりも、1冊を繰り返してやるほうが効果的だからです。
あれもこれもと手を出してしまうと、結局、それぞれにとりかかれる時間が少なくなり、どれも中途半端にしか覚えられません。

 
もし模擬試験で、出来が散々だったなら、尚更、問題集を一冊に絞ったほうが覚えた知識の記憶も定着しやすくなり、正解率もグンと上がってくる筈です。
ケアマネ試験を含め、資格試験の勉強では出来るだけ使う問題集を絞ることが合格するうえで大切です。

三島茂人のケアマネらくらく合格勉強法 過去問を選び時のポイント

三島茂人さんの1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法は
どの問題集がいいのか?過去問選びで迷わない済みます。

keamane133
 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネ試験も学習の中心になるのは過去問ですから、独学の方も講座を利用される方も、出来るだけ早い時期に過去問題集を購入する必要がありますね。
書店に行けば分かると思いますが、ケアマネ試験の過去問はたくさんの種類のものが出版されています。

 
だからといって、「掲載されてい問題は殆ど同じだから、どれでもいいや」などと安易に決めてしまうのはやめたほうが良いです。
試験に受かりたいなら、使える過去問題集を選ぶことが出来たかどうかで、勉強の効率が全く違ってくるからです。

 

そして、過去問を購入するときのチェツクポイントとしていくつかあります。
まず、一つ目が問題と解答が見開き2ページに収まっているか?
これは選択肢と解説をワンセットにした順番で読むのに都合がいいからです。

 

解説を読むのに、いちいちページをめくる必要がなく、学習効率が上がると言えます。
ですので、見開き構成になっている過去問がおすすめです。
ページをめくるくらいと思うかもしれませんが、そのわずかな時間の積み重ねが合否を分けることだってあるのです。

 

また、手間を取られることを防ぐことが目的なら、1ページ内に問題と解答が収まっているものでも良いように思いますが、私個人の考えとしては、やはり見開きタイプのものをおすすめします。

 

なぜなら、ページ内に問題と解答が収まっているタイプのものは目線の移動がスムーズに行ないにくく、ぎっしり文字が詰まっているように感じて長時間読む気がしなくなるからです。
気にならないという方なら選んでも構いません。

 

問題集を手にとつて自分の一番見易いのが良いとよく言われますからね。
重要なのは、解説を確認するためにページをめくる無駄な手間をなくすことです。
二つ目が、科目別の編集になっているか?過去問は編集方法によって、出題年度別と出題科目別の2つに分けることが出来ます。

 

出題年度別は、実際に本試験で出題されたままの順番で問題が掲載されているものです。
一方、出題年度に関係なくその問題だけを集めて出題論点ごとに編集しなおしたものです。
おすすめは出題科目別です。そのほうが知識をインプットしやすく、学習効率がいいと思うからです。

 

ただ、出題年度別は全く使えないということではありません。過去問を2冊購入しても良いという人は、学習前期に科目別を使い、後期においては年度別過去問というように、時期において使い分けるのも良いでしょう。

 

既に知識の定着がある程度進んだ学習後期においては、出題対象となる全範囲についてまんべんなく勉強するという方法が試験対策として効果が増してくるからです。
ちなみに出題年度別過去問では、同じ論点の問題が重複して入っていると思いますが、これは学習するうえでは好都合ですね。

 

過去に何度も出題された論点は、重要といえるので、それに多くの時間をさくメリハリのついて勉強が可能になると言えるでしょう。

テキストは何度も読む必要はない

三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法は、2300ページ以上ある基本のテキストを完璧に覚える必要がない、どの資格取得にも使える最短で合格する力が身につく勉強法です。

keamane18
 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる


ケアマネージャー試験にかぎらず、どんな資格の勉強するにしても一番最初にテキストで学ぶことになりますね。
そうしたことからも、言うまでもありませんが重要なものです。

 

ですが、ある事実を認識しておく必要があります。
それはテキストばかり何度も読み込んでも試験に合格する力は得ることは出来ないということです。

 

いくら覚えるまで隅から隅まで読み込んだとしても、それだけでは問題を解けるようにはならないのです。
試験に合格する力というのは、問題を解くことが出来る力だからです。

 

これは、何度も過去問を読み込んで、実際に解いていくという勉強の中でし得られません。
ですので、テキストでの学習は最低限の必要な範囲に抑えて、出来るだけ早くに過去問での学習を始めるべきです。

 

あくまでテキストは、過去問での勉強が出来るようになるまでの下準備程度に考えておきましょう。
また、最初kら最後まで読み通すのは、1度か2度で行えば十分だと思います。

 

それ以上は無駄とは言いませんが、ケアマネ試験に合格する為の力をつける上では、効果が薄れてしまいます。
そして、1~2度テキスト読み込んだ後は、前述したように、後は過去問を中心にした学習に移行していきます。

 

それ以降のテキストの活用は、過去問の解説だけでは理解できない箇所だけを調べる為に参照するということにとどめるべきでしょう。
学習時間の配分としては過去問とテキストで、8対2くらいなるのがちょうど良いです。

 

よく勉強しているのに関わらず、何度もケアマネ試験に何年も落ち続けている人はいませんか?
そういった人の多くは、たいていテキストの学習時間の比率が高い人です。

ケアマネ試験が上手くいかない時はすぐにやり方を変えよう

上手くいかない時はすぐにやり方を変えよう!
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法は、これまで
何度も受験を失敗した方でも、勉強のやり方を変えて多く方が合格出来ている実績のある
方法です。

keamane132

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

勉強においても、上手くいかない時はすぐにやり方を変えたほうが良いですね。
例えば、ケママネの資格取得の為に本や問題集をそれなりに吟味して買っても、なかには自分の
合わないものもあります。

 

そうした時にでも、せっかく買ったのだから、全部目を通して支払ったお金分は回収しなければ
と思ってしまいがちになるものです。
ですが、これまでの私の経験から言っても、自分に合わなければ、どんなに頑張って読んでみた
ところで、結局は頭には入らないのです。

 

はじめの数ページを読んで読む気がおこらないような本は、このまま続けていけば理解できる
ということは、まず起こらないでしょう。
その為、最後までやろうとしたら時間を無駄にしてしまうだけなんですね。

 

例えば、株式投資では、ある会社の株式が上がると思って買ったものの、買った先から株価が
どんどん下がってしまうということは良くあります。
このように自分の予想とは反対の方向に相場が動いた時には、それ以上損失が拡大しない
ようにすぐに買った株式を売却してしまうことを損切りといいます。

 

こうやって早期に損失を確定させることで、それ以上の損失が大きくなるのを防ぐと同時に、
新たに投資に踏み切ることが出来るわけです。

 

この考え方は、ケアマネ試験などの資格取得の勉強にもは必要だと思うのです。
特に勉強する時間がないと言う方なら尚更でしょう。

 

元をとるということにこだわり、自分に合わない勉強のやり方をしていたり、問題集や
参考書を使っていれば、結局は本を買ったお金と、時間の両方の損失を生んでしまう
のです。

 

人生においてお金も大切ですが、それ以上に貴重なのは時間なんです。
人の一生は時間で決まっており、長いようで短いので、その中で悔いなく生きようと思ったら、
投資の考え方で、1秒たりとも無駄にしないようにしたいものです。

ケアマネ試験に最短で合格する過去問の使い方とは?

過去問はこう使おう!
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の対策は、
具体的に何の教材が良いのか、またそれをどう活用し、どう進めていったら良いのか
具体的に過去問の使い方が分かります。

keamane131

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

過去問はどのように使っていますか?
資格試験の勉強する人によく見られるのが、スタートの段階で基本書にどんどんマーキング
していって覚えようとすることですね。

 

ですが、受験生がこれを全部読み込もうとすると大変なことになってしまいます。
何より、勉強をはじめたばかりの段階では、内容が分からないことも多く、先になかなか
進めないことがあるでしょう。

 

その為、問題を解いて分からないところがあった時だけ、参考書や辞書代わりに使うのが
効率的です。
まずはケアマネの資格取得の勉強のスタートは、過去問から当たりましょう。

 

ですが、いきなり過去問から始めても解ける筈がないと思う人も多いでしょう。
でも、それで良いんです。
というのも、この段階で解く必要はなく、だいたいどのレベルまで勉強すれば自分は試験に
合格出来るかが、何となくでも分かればいいのです。

 

ポイントしては、どんな問題が出題されているのか1回目でざっと確認することです。
どんな問題があり問われ方をしているのかチエックしましょう。
また、実際に解くのは勉強がある程度進んでから行いますが、とはいっても考えながら
解くのではなく、問題を読んで分からなければすぐに解答を見るようにするのです。

 

勉強をはじめたばかりなので、考えても分かる筈がないので、すぐに解答を読むわけです。
これは、実際に自分もやっていますが、どんな資格取得の勉強にも使え、非常に効率の
よいやり方です。
何故なら、過去問の解答はコンパクトに要点がまとまっており、直ぐに読めて暗記もしやすい
からです。

 

しかも、過去問は基本問題が中心なので分厚い基本書などを読むよりも、はるかに
効率的で、基本を覚えることが出来ちゃうんです。

 

したがって、過去問の使い方としては、1回目は全部をざっと眺めて、2回目はとりあえず
解き、分からなければ、すぐに答えと解説を読み覚えるようにします。
また、分からなかった問題にはに印をつけておきます。

 

3回目は2回目で分からなかった所を重点的にやり、分からなければ再度印をして、解答と
解説を読んでしっかり頭に覚え込ませます。

 

こうやって繰り返し、過去問をやることで、次第に解く問題も減り、スピードも上がって
くるようになり、ケアマネに必要な知識を効率よくインプット出来るようになれるでしょう。

資格取得試験の問題のヒントは過去問にあり!

出来る人の資格勉強法とは?
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の対策は、
過去問を最大限利用することで、最短で効率よく合格することが期待出来ます。

keamane129

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネなどの資格試験の勉強で中心に置くべきなのが過去問ですね。
勉強法はこれに始まり、これで終わるといっても過言ではないでしょう。

 

何故なら、極端な話、どんな試験でも問題さえ分かれば合格することが出来るからです。
ということは、ケアマネ試験の当日に出そうな問題を中心に勉強をしていけば短期間で合格
レベルに近づくことが出来るということです。

 

そして、資格試験の問題を作成する人は、殆ど過去の問題を確認して作ります。
これは言うまでもないかもしれませんが、これまでと全く違うタイプの問題を出してしまえば、
受験者を混乱させてしまいます。

 

とはいえ、問題が被るのも避けなければいけないでしょうが、難易度を過去の出題と同程度に
しておく必要があるわけです。

 

このように問題を作成する側も過去問を参考にして問題を作っているのに、受験する側が見ないというのはバカげていますよね。
つまり、資格取得の問題のヒントは過去問にあるということです。

 

そして、どんな資格取得の試験でも、基本をしっかり学んでおけば合格でき、重箱の隅をつつく
ような細かい知識をいくら勉強したところで、合格に繋がらないことが多いのです。
特に難関と言われる資格取得の試験ほど、やたらと専門的な部分まで詳しく勉強したりしまい
がちです。

 

その結果、出来もしない余裕のないスケジュールを立ててしまう受験生も少なくありません。
こうしたことが起こらないようにするには、最初に過去問をチエックして、日頃の勉強でも
それを意識した勉強を続ければ起こりません。

 

したがって、ケアマネ試験勉強のスタート時点では、必ず過去問にあたりましょう。
そうすることで「このレベルでいいんだ」と分かり、効率よく合格に必要な勉強が出来るように
なります。

ケアマネ試験直前の勉強は不安が増すだけ!

三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の対策は、
出題されるところだけに的を絞って徹底的ににやる勉強法なので、試験が近づいてきたら
勉強しなければならない範囲を絞り込んでいくことが出来ます。

keamane130

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

あなたはいくら勉強しても、本番にどうしても弱いという事はありませんか?
こういう人は、大抵の場合、試験本番が近づくにつれて勉強しなければいけない
範囲を広げてしまっている傾向があるんですね。

 

ですが、これをやってしまうと「あれもやっていない、これもやっていない」と
ケアマネジャー試験本番が近づくにつれて、ますます不安になってしまうのです。

 

例えな、良く資格試験会場で自分の席についてから試験が始まるまでの数分間までさえも
テキストなどにしがみついている受験生がいますが、こういう人は、たいがい勉強の範囲を
自分で広げてしまっているのです。

 

しかしながら、これはケアマネジャー試験直前の精神状態としては良くありません。
むしろマイナスと言えるかもしれません。

 

実際のところ、本試験で実力を出し切れるかどうかは、差し詰め自信がああるか、ないかに
かかってくるからです。
したがって、ケアマネジャー試験本番が近づいてきたら、勉強しなければいけない範囲を
減らしていくことです。

 

出るところだけに集中して、その中でも出来なかったところだけを復習をするという勉強法
をすれば、試験本番が近づくにつれて、勉強する範囲は減ってきます。

 

例えば、2回やってできたところは、3回目以降はやる必要はありません。
このようにやって、出来なかったところを減らしていくと、勉強しなければいけない範囲が
減ってきますし、本番での試験に向けて自信もついてくるでしょう。

 

そんな、記憶メカニズムに基づいたスケジュールで記憶の定着を徹底的に図り、出るところ
だけに的を絞って徹底的にやる戦略的勉強法で、本番に自信をもって臨める三島茂人さんの
ケアマネらくらく合格勉強法で、最短で合格を目指しましょう。

おすすめ

松村保誠の宅建過去問強制インストールをレビューしてわかったこと
宅建講師の松村保誠先生の宅建過去問強制インストールを紹介・レビューしています。記憶力や勉強が苦手な方でも、宅建試験の合格に必要な学習時間を劇的に短縮する過去問暗記用音声教材だから効果的です。
サクラサク高校受験勉強法 坂本七郎 対策 内容
高校受験に失敗しない勉強の仕方が分かる!坂本七郎先生のサクラサク高校受験勉強法の対策や内容、口コミなどの情報をお伝えしています。
ピアノ指・習得プログラム 国立音大卒一流講師陣監修 練習法 コツ
国立音楽大学卒の一流講師陣監修!ピアノ指・習得プログラムDVDの画期的な上達する練習法やコツ、内容などを紹介