ケアマネ試験に最短で合格する過去問の使い方とは?

過去問はこう使おう!
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の対策は、
具体的に何の教材が良いのか、またそれをどう活用し、どう進めていったら良いのか
具体的に過去問の使い方が分かります。

keamane131

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

過去問はどのように使っていますか?
資格試験の勉強する人によく見られるのが、スタートの段階で基本書にどんどんマーキング
していって覚えようとすることですね。

 

ですが、受験生がこれを全部読み込もうとすると大変なことになってしまいます。
何より、勉強をはじめたばかりの段階では、内容が分からないことも多く、先になかなか
進めないことがあるでしょう。

 

その為、問題を解いて分からないところがあった時だけ、参考書や辞書代わりに使うのが
効率的です。
まずはケアマネの資格取得の勉強のスタートは、過去問から当たりましょう。

 

ですが、いきなり過去問から始めても解ける筈がないと思う人も多いでしょう。
でも、それで良いんです。
というのも、この段階で解く必要はなく、だいたいどのレベルまで勉強すれば自分は試験に
合格出来るかが、何となくでも分かればいいのです。

 

ポイントしては、どんな問題が出題されているのか1回目でざっと確認することです。
どんな問題があり問われ方をしているのかチエックしましょう。
また、実際に解くのは勉強がある程度進んでから行いますが、とはいっても考えながら
解くのではなく、問題を読んで分からなければすぐに解答を見るようにするのです。

 

勉強をはじめたばかりなので、考えても分かる筈がないので、すぐに解答を読むわけです。
これは、実際に自分もやっていますが、どんな資格取得の勉強にも使え、非常に効率の
よいやり方です。
何故なら、過去問の解答はコンパクトに要点がまとまっており、直ぐに読めて暗記もしやすい
からです。

 

しかも、過去問は基本問題が中心なので分厚い基本書などを読むよりも、はるかに
効率的で、基本を覚えることが出来ちゃうんです。

 

したがって、過去問の使い方としては、1回目は全部をざっと眺めて、2回目はとりあえず
解き、分からなければ、すぐに答えと解説を読み覚えるようにします。
また、分からなかった問題にはに印をつけておきます。

 

3回目は2回目で分からなかった所を重点的にやり、分からなければ再度印をして、解答と
解説を読んでしっかり頭に覚え込ませます。

 

こうやって繰り返し、過去問をやることで、次第に解く問題も減り、スピードも上がって
くるようになり、ケアマネに必要な知識を効率よくインプット出来るようになれるでしょう。

資格取得試験の問題のヒントは過去問にあり!

出来る人の資格勉強法とは?
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の対策は、
過去問を最大限利用することで、最短で効率よく合格することが期待出来ます。

keamane129

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネなどの資格試験の勉強で中心に置くべきなのが過去問ですね。
勉強法はこれに始まり、これで終わるといっても過言ではないでしょう。

 

何故なら、極端な話、どんな試験でも問題さえ分かれば合格することが出来るからです。
ということは、ケアマネ試験の当日に出そうな問題を中心に勉強をしていけば短期間で合格
レベルに近づくことが出来るということです。

 

そして、資格試験の問題を作成する人は、殆ど過去の問題を確認して作ります。
これは言うまでもないかもしれませんが、これまでと全く違うタイプの問題を出してしまえば、
受験者を混乱させてしまいます。

 

とはいえ、問題が被るのも避けなければいけないでしょうが、難易度を過去の出題と同程度に
しておく必要があるわけです。

 

このように問題を作成する側も過去問を参考にして問題を作っているのに、受験する側が見ないというのはバカげていますよね。
つまり、資格取得の問題のヒントは過去問にあるということです。

 

そして、どんな資格取得の試験でも、基本をしっかり学んでおけば合格でき、重箱の隅をつつく
ような細かい知識をいくら勉強したところで、合格に繋がらないことが多いのです。
特に難関と言われる資格取得の試験ほど、やたらと専門的な部分まで詳しく勉強したりしまい
がちです。

 

その結果、出来もしない余裕のないスケジュールを立ててしまう受験生も少なくありません。
こうしたことが起こらないようにするには、最初に過去問をチエックして、日頃の勉強でも
それを意識した勉強を続ければ起こりません。

 

したがって、ケアマネ試験勉強のスタート時点では、必ず過去問にあたりましょう。
そうすることで「このレベルでいいんだ」と分かり、効率よく合格に必要な勉強が出来るように
なります。

過去問1冊のケアマネらくらく合格勉強法で最短で合格しよう

三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の
対策で、既に多くの方が過去問一冊を集中して取り組むことで最短で合格することが
出来ます。

keamane127

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

あなたは、過去問一冊でケアマネに、本当い合格できるのだろうか」と不安に
思っていませんか?

 

貴方もご存じだと思いますが、過去問とは、5年から10年くらいまでの問題を
年代別や科目別、もしくはテーマ別にまとめ、問題の答えと簡単な解説があるも
のですね。

 

簡単に言えば、過去にに出た出題問題集で、合格すためには必要不可欠なものです。
それを使えばどのような効用があるかと言えば、

①学習するべき範囲が分かる。
②出題される問題の傾向と対策が分かる。
③基本書を全て読み込むのと同じ効果がある。
④予想問題には最適である。

などがあげられるのではないでしょうか?
そしてケアマネ試験の過去問にもいろいろありますが、短期合格を目指すなら、
上手に選ぶことが大切です。

 

良く基本書や受験雑誌などに体験記と一緒に紹介されている過去問や参考などもありますが、
それらはひも付きのものが多いように思います。
例えば、その雑誌や本を発行している出版や専門学校から出している物が少なくありません。

もちろん良いものもありますが、そうでないものもあります。

 

そして、良い過去問や参考書を選ぶ基準としては、

●これまでに多くの方が使用して合格しているもの。
●専門家が監修しているもの。
●コンパクトにまとめられている。

などが挙げられるのではないかと思います。

 

そして、これらの過去問を選ぶ条件を全てクリアしているのが、ケアマネらくらく
合格勉強法で紹介してある問題集です。

 

この問題集がボロボロニになるまで徹底的に読み込んで、余白に自分の不足な
点を書き込んで自分独自の完全な基本書を作り上げていくつもりで勉強をするのです。
その過程で、ケアマ試験に合格する為の実力が身についてきます。

 

また、CDなどもあり、隙間時間にも有効に学習や対策ができ、記憶の定着も図れます。
仕事、家事をしながらの勉強は本当に大変ですので、如何に効率よく勉強し、記憶の定着を
図るかがケアマネ試験に短期合格する秘訣です。

 

あなたも、過去問一冊を使って対策し勉強すれば、既に合格されている方と同じように、
無駄を省き短期合格も夢ではないので参考にしてみて下さい。