資格取得試験の問題のヒントは過去問にあり!

出来る人の資格勉強法とは?
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく合格勉強法の対策は、
過去問を最大限利用することで、最短で効率よく合格することが期待出来ます。

keamane129

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

ケアマネなどの資格試験の勉強で中心に置くべきなのが過去問ですね。
勉強法はこれに始まり、これで終わるといっても過言ではないでしょう。

 

何故なら、極端な話、どんな試験でも問題さえ分かれば合格することが出来るからです。
ということは、ケアマネ試験の当日に出そうな問題を中心に勉強をしていけば短期間で合格
レベルに近づくことが出来るということです。

 

そして、資格試験の問題を作成する人は、殆ど過去の問題を確認して作ります。
これは言うまでもないかもしれませんが、これまでと全く違うタイプの問題を出してしまえば、
受験者を混乱させてしまいます。

 

とはいえ、問題が被るのも避けなければいけないでしょうが、難易度を過去の出題と同程度に
しておく必要があるわけです。

 

このように問題を作成する側も過去問を参考にして問題を作っているのに、受験する側が見ないというのはバカげていますよね。
つまり、資格取得の問題のヒントは過去問にあるということです。

 

そして、どんな資格取得の試験でも、基本をしっかり学んでおけば合格でき、重箱の隅をつつく
ような細かい知識をいくら勉強したところで、合格に繋がらないことが多いのです。
特に難関と言われる資格取得の試験ほど、やたらと専門的な部分まで詳しく勉強したりしまい
がちです。

 

その結果、出来もしない余裕のないスケジュールを立ててしまう受験生も少なくありません。
こうしたことが起こらないようにするには、最初に過去問をチエックして、日頃の勉強でも
それを意識した勉強を続ければ起こりません。

 

したがって、ケアマネ試験勉強のスタート時点では、必ず過去問にあたりましょう。
そうすることで「このレベルでいいんだ」と分かり、効率よく合格に必要な勉強が出来るように
なります。

ケアマネらくらく合格勉強法は資格取得には最適です

 効率の悪い資格取得の勉強法とは!?
三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく
合格勉強法は、効率よく勉強することで短期間(30日)で合格が
十分に可能な莫大な内容を憶える資格取得には最適です。

keamane124

 ケアマネらくらく合格勉強法の詳細を見てみる

 

あなたは、今の勉強法でケアマネ試験に合格できる自信はありますか?
もしくは、何回も受けても合格できないでいませんか?

 

受験者数は、一時減ったものの、また少しずつ増えていますね。
ですが、合格人数は増えず合格率は低下傾向です。

 

そして、ケアマネジャー試験で習得しなくてはならないには、2300ページ
以上の介護支援専門員基本テキストの内容ですね。
合格を目指すなら、この莫大な内容を学び、今のケアマネージャーの仕事を
理解する必要があります。

 

ですので、学習量の多さを考え、それにかけられる時間、費用、今の自分の
知識、性格を含め勉強法を決める必要があります。

 

そして、独学で行っている多くの人がここで間違った考え方で勉強しています。
それは何かと言うと、予想問題集や模擬問題をやってさえいれば、ケアマネ試験は
通るものだと思っていることです。

 

実際に、予想問題集や模擬問題からケアマネ試験に出題される問題の確率は、
出版社にもよりますが、3割~4割がいい所だと思います。

 

また、わかりやすく作られて参考書もありますが、覚えにくいということも
ありますね。

 

私も、学生時代は教科書や参考書の内容を自分でノートにまとめ勉強した気に
なっていたのですが、時間をかけた割にはまとめた内容が頭に入っていないんですよね。

 

ですので、ケアマネのような莫大な内容を憶えるのに、出題率が低い予想問題集や
参考書の内容を自分でまとめて勉強するのは、非効率でお勧めしません。

 

私がケアマネージャー試験を受ける際に勧めているのは、過去問を
ベースにした問題集です。

 

その点、三島茂人さんの1冊の問題集で1ヶ月で合格するケアマネらくらく
合格勉強法のお薦めの問題集は、出題率もさることながら、勉強しやすいです。

 

一冊の問題集で不安もある人もいるかも知れませんが、一つに絞ってとことん
やることが、最短で合格する近道ですし、自信に繋がります。
そんな、ケアマネージャーを目指す忙しく働いている方にオススメの勉強法は
下記ページで余すことなく解説してありますので参考にして下さい。